竹内泰祥堂 | 長崎カステーラを焼き続けて50年 – 新潟県上越市

長崎カステーラを焼き続けて50年...

長崎カステーラ 越後高田本町商店街でカステーラを中心に、季節感あふれる和菓子を製造販売しております。
一つ一つの和菓子に想いを込め、お客様に「おいしい」「また食べたい」と、喜んでくださるような和菓子作りに、三代目である店主が日々力を注いでおります。

▼新着情報

「水無月」

 良い天気が続きますが、梅雨入りはいつ頃かしら?などと考えております。季節は目まぐるしいですね。

6月のことを水無月といいますが、ズバリこの月のお菓子のご紹介です。      水無月は六月のことで、三角の形は氷の形を表しています。上の小豆と三角形は魔除けのためのものです。京都では六月三十日に夏の無病息災を願いこのお菓子を食べる習慣があります。昔、京都御所では、下鴨の方で氷室という貯蔵庫に雪や氷を保存し六月三十日に公家達が食べて無病息災を願いました。 しかし、町衆は貴重な氷を食べることはできません。そこで、お菓子を代わりにし、水無月も魔除けの三角形にして、夏の無病息災を願い食べられ、今も食べられています。

 竹内泰祥堂では、米粉、小麦粉と砂糖を入れ、上に丹波大納言の鹿の子豆をちらして蒸し上げたお菓子です。                                                 

 1個110円です。 夏バテをしないように召し上がれ・・・。